Thomas Tjapaltjarri トーマスティジャパリ

 

言語 ピンタビ語

地域 西オーストラリア ギプソン砂漠 キリクラ

1964〜

 

トーマスは9人のグループで伝統的な放浪生活をしていたが、兄弟とともに妻探しに砂漠を出たところ、政府の人間により発見された。1984年10月、それが彼にとって初めての現代文明との接触だった。「現存する最後の狩猟採集民」として国内外、多くのメディアに取り上げられた。

兄弟に有名アーテイスト

Walala Tjapaltjarri・Walimpirrnga Tjapaltjarri

を持ちトーマスはその次男にあたる。彼は兄弟の中で飛び抜けて自由奔放で30年前の放浪生活の名残りを感じさせてくれます。

 

見事な筆運びで祖先から伝承された重要な神話や旅の軌跡をストーリーとしたTingari Cycleを描きます。

      

                               Thomas Tjapaltjarri artworks